ホルモンと言えば牛?豚?

ホルモンと言えば、関東では豚のホルモン、関西では牛のホルモンを指すのが一般的です。

関東では牛のホルモンは「牛モツ」と呼ばれ、別物として認識されることが多いようです。

そもそも「ホルモン焼き」「ホルモン鍋」というのは関西でよく使われる名称で、関東では「もつ焼き」「もつ鍋」と呼ばれることが多いです。

「ホルモン」の語源には諸説あるが、その中には「放るもん」という関西弁が変化してホルモンと呼ばれるようになったという説があります。

このような肉の定義の違いが生まれた背景には、農耕用の家畜が東西で異なっていたことが理由とされています。

気温が比較的低い関東では馬を、気温が温暖な関西では牛を主に利用していたのです。

もともと仏教の根付く日本では、動物の肉を食べることはタブーとされていました。

しかし、明治時代になり海外の影響で食肉文化が浸透するようになると、農作業ができなくなった家畜の肉を少しずつ食べるようになります。

関西では牛を食べるようになりましたが、関東の馬は食肉になる部分が少ないことと、日本人の好みには合わなかったことから、ほとんど広まりませんでした。

その代わりに関東では「養豚ブーム」が起こり、豚をよく食べるようになったと言われています。

三六のもつ鍋は新鮮な「国産牛小腸」を使用

¥4,800 ¥4,500 (税別)

鮮度の良い国産のもつを丁寧に仕込んでいるので、臭みもなく旨みだけがつまっています。
あご出汁の自家製スープでたっぷりの野菜と一緒に、もつをたくさんいただくのがおすすめ。栄養価も高いので、女性にもおすすめ!
最後の締めに、ちゃんぽん麺もたっぷり2玉付です。

¥4,000 (税別)

鮮度の良い国産のもつを丁寧に仕込んでいるので、臭みもなく旨みだけがつまっています。
あご出汁の自家製スープでたっぷりの野菜と一緒に、もつをたくさんいただくのがおすすめ。栄養価も高いので、女性にもおすすめ!
最後の締めに、ちゃんぽん麺もたっぷり2玉付です。

三六のもつ鍋は、大ぶりでプリップリの“もつ”と“あご”出汁が特徴です。

もつは淡泊な輸入肉より味に深みがある国産牛の小腸を使用。

もつは脂分が多いので火を通すと縮んでしまうものですが、

煮込んだ後でもしっかり食べ応えが感じられ

噛むごとにジュワッとあふれる肉汁を堪能していただけるよう

できるだけ大きくカットしております。

三六公式facebook
instagram
通販